ういあ~、ファンキ~モンキ~ベイビ~ズ、つああぁぁ~

突然のタナボタにて、実妹とファンキーモンキーベイビーズのライヴに行った!
埼玉スーパーアリーナにて、埼玉ファイナルライヴである。
霧雨の肌寒い日だったが、アリーナ周辺は熱気でムンムンである。
桜が満開NEC_0112.jpg


びっくりしたのは、ファン層がものすごい幅広いってこと。
幼稚園くらいのちびっ子から、60代くらいのおっさん、おばさんまで。
親子で来ているチームもいれば、若い男女がツアーを組んでたむろっていたりする。
関東地域を中心に、全国各地から、海外は台湾からも参加しているとのこと。

あんなに大好きなのに、ライヴは初めて。
マニュアルに従って、タオルとTシャツなどを買うために列に並んだ。
し、しかし、なかなか末尾が出てこないな~。
アリーナをぐるっと回って、ほぼ一周。
妹と色んなおしゃべりをしながらだったから、耐えられたけど
なんと2時間も並んだんだよ~。
皆、ヒマジンなのか?それとも根性があるのか?
NEC_0108.jpg

やっとアリーナの中へ・・・
ホッとしたのもつかの間、蛇行してまだまだたどり着かんし・・
狙っていたTシャツは、残念ながら売り切れだ・・
せっかくの限定品だったのなあ。
NEC_0110.jpg

ともかくTシャツとタオルとリストバンドとペンを買った。
¥12000也。たけ~・・・
NEC_0113.jpg

開場の時間が近くなると、人がどんどん増えてきた。
なんせ、2万人だって!!

席は400バイトの267席。
上の方なので、怖いくらいの高さ。
NEC_0107.jpg

皆、ファンモンのTシャツ着て、タオルを肩にかけている。
いよいよだ~。

授業開始のチャイムが鳴ると、一斉に立ち上がる。
皆、何度も来ているんだなあ。
そういえばファンキー・加藤に
「今日、初めて来た人」と聞かれて「ハイ」と手をあげたら
「今まで、いったい何をしてた?!」と叱られた(爆

まず、ケミカルが登場。
皆の笑いを誘っている。

ミュージックが始まると、ドカーンと爆発!
大音量の音楽と、まばゆいスポットライトがグルグル回っている。

ファンモンの曲は全部知っているので、楽しくてしょうがない。
人目も気にせず、思い切り歌って踊って、テンション↑↑

汗がだらだら流れてくるし、だんだん腕が痛くなってきた。
ずっと振り回したり、手拍子やら上げ下げしてたから・・・

途中、会場のファンたちがざわざわし始めた。
何かと思ったら、なんと天井が落ちてきたとのこと。
慌てふためく係員。
安全の確保ができるまで、一旦中止するとのこと。
こんなことは初めてだと、謝っている。

ファンモンは、話をどんどん盛って、楽しんでいる様子。
「皆の熱気で天井が壊れた」とか
「こんな歴史に残るアクションはすげ~」など。

3時間があっという間に過ぎて行き、いよいよお終い。
楽しかったな~。
また来たいな~。

でも解散だなんて、もったいないな。
彼らの歌は、春夏秋冬に合わせた季節感がある。
人生の応援歌や、純愛を切々と歌いあげたり
心に響くものがある。

朝、テンションが上がらないときは、いつもファンモンの曲を
聞きながら、歌いながら上げていく。
「いつも、元気で明るいね」と言われるのはファンモンのおかげ。

これからも、元気で明るい笑顔のひろちゃんと言われるように
心がけていこうっと。ファンモンを聞きながら・・・
スポンサーサイト