今日は、実妹と一緒に、一週間遅れの母の日のお祝いをしました。
お祝いといっても、特別なことをしたわけでもなく、ただ一緒に食事をして、おしゃべりをして、ちょっとした贈り物を買っただけですが・・・それでも、ふだんは二人きりで生活をしているので、すごいサプライズだったようです。とっても喜んでくれました。

実父は一昨年、脳梗塞を患っていて、片まひです。倒れたときは、全身麻痺状態で救急車で病院に搬送され、これからどうなるんだろうと、絶望を感じました。ICUに入り、心電図・点滴・SPO2モニター・バルーン・・・とスパゲッティ状態で、なにやら妄想めいたことを口にしました。「さっき、Kさん宅に行って、お茶をごちそうになったから、よくお礼を言っておいてくれ」なんて言って
よくここまで回復したものだと感心します。今は、自分のことは自分でできるようになり(トイレや食事など)杖をついて、ゆっくりと歩くこともできます。なによりもびっくりしたのは、まひになってしまい趣味の習字ができなくなったからと、パソコンを始めたこと。
80の手習いってところね。先生は、PCインストラクターの実妹か私の娘です。(ともにPCの資格をいくつか持っているのでね。)
まったく何も分からない超初心者が、熱心に勉強して今では毎日メールを送ってくれるまでに上達したのです。
最初、妹がリハビリにとパソコンを勧めたのがきっかけで、私としては無理だろうとたかをくくっていたんです。でも、父が「やる」と言うので、まさかボケてしまったのか!?と半信半疑でした。でも、人間の能力というのは、年齢ではないんですねえ。
やる気がある老人と、ない若者では老人のほうがだんぜんに上達するってことが分かりました。今、ここをお読みの若い皆様、まだまだ未来は無限にありますよ~。

横道もどしましょう。まず妹と相談して、デパートに連れていくことにしました。
普段はどこにもいけないので、たまには刺激になっていいかと思い有無を言わせず(?)決定です。
父は「こういうところに来たのは、久しぶりだ」と、幼子のように何を見ても感動している様子。
車いすを押しながら相槌を打ち、父の楽しげな顔を見て、安心した気分になりました。
レストランに行き、父の好物のそばを注文したところで(あれ?今日は母の日のお祝いってことだよね)と思ったけど
まあ、どっちでも同じだわ。そんなに口数の多い家族たちではないのですが、よほど嬉しかったのか、話があっちに飛び、こっちに変わりと絶え間なくしゃべっていました。こうしてこういう時間を過ごせるのは、あとどれくらいだろうか?と思うと、もっとちゃんと親孝行しておかないと、後悔するんだろうなあとしみじみ感じました。

ところで、何年振りかで、マイカーを手に入れました。今までは便利なところに住んでいたので、ほとんど電車で間に合っていたけど、今の家は駅から遠くて車がないと不便なのです。もうすぐ仕事に復帰する予定なので、思い切って買っちゃいました!エコカー減税と補助金もあるので、思いのほか安く買えました。大事に乗りたいと思います。
P2010_0516_121529.jpg

スポンサーサイト
2010.05.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/10-0dd65732