埼玉の地元の仲間たち10人で、毎年恒例となった草津温泉へ出かけた。

子供たちを通じて知り合い、家族ぐるみで20年以上も付き合いを続けている。

気心も知れて、本当に気の置けない楽しい仲間である。

まだシラフの昼間から、テンションは上がりっぱなしだ。

まずは草津の尻焼き温泉へと向かう。

普通の川なのに、ある部分だけ川底から温泉が湧いているという不思議な場所である。

川に浸かっていると、下から熱湯がわいてきてお尻が熱くなるということから

その名がついたと言われている。

もちろん、男女混浴で更衣室もない。

女性は水着やTシャツをつけるが、男性はタオルか、そのままという人もいる。

露出クセがあるのではないかと思われるような人がいて、丸出しだ。

見たくなくても、つい目がいってしまう~。

女性陣は「今日は、○本見た」「あのジイさんは立派だった」「岩のところの若い男はチョメチョメだった」

と品評会をして大笑い。男性陣はちょっと面白くない様子。

目指すは湯畑である。P2010_1023_143243.jpg

何度来ても、ワクワクする。私にとって、ここは最強のパワースポットなのかもしれない。

硫黄の匂い、湯けむり、人々の賑わいを見ていると、体中から力が湧いてくるようだ。

昨年から、高速道が土日¥1000均一となってから、全国各地から色んな車がやってくる。

駐車場をながめているだけで飽きない。

まず温泉につかり身を清め、アルコールで消毒をしたところで、いざ本番である。

今回のテーマは「コスプレ」だ。P2010_1023_200745.jpg


かぶり物と衣装とメークで街に繰り出すのである。

Y君はハロウィンにちなみ、大きな魔女ハットに白いお面とマントで変身した。

s君はドクターの白衣に聴診器で、すっかりドクター気分である。

しかし・・聴診器を補聴器と言ってしまい、ブーイングとあざ笑いの嵐であった。

AちゃんとTちゃんはナース白衣に身を包み、すまし顔。

「さあ、診察するわよ」となりきりモード全開である。

私は、イモトアヤコさんに変身した。201010231950000.jpg


セーラー服に袖を通し、眉をかいてメークすると、極似だとおお受けした。

夫は「恥ずかしいからやめてくれ~」と言うかと思いきや

「そっくりだ~」と大笑いしている。

香港から観光に来たと言うカメラマンが、「ベリーグッド」と言って

カシャカシャとシャッターを撮りまくっていた。

ちょっとモデルの気分だ。ウヒウヒ・・

道行く人も、お店の人も振り返って眺めていく。

集合写真を撮っていると、人垣ができたのにはびっくりした。

本物のイモトだと思ったのかな~?

カラオケボックスに行き、アルコールが入るほどにテンションも最高潮。

1970年代のヒットメドレーで大合唱した。もうマイクは無用である。

イモトの眉毛を薄毛隠しのスティックで書いたのであるが

そのスティックは、いつのまにか皆の顔に、髭やらバカボンチークやら

色んな落書きが書かれていた!

おかしくておかしくて、涙をぬぐいながら笑いあう。

人が笑うのをみて、また笑いがこみ上げる。

こんなに笑うのは本当に久々だ。

子供たちが見たら、きっと逃げ出すだろうなあ~、と思いつつ。

片時も離れず、ず~っと一緒にいるのに全然飽きない。

嫌な感情もないし、気まずさもない。

こういうのを本物の友人と呼ぶのだろうなあ。

宿の人が「見ていてすごく楽しそうだし仲良しだし、どういう関係なのだろうと思いました」

と感心していた。本当に羨ましいと・・

お土産を買いに散策したり、無料のお湯につかったりして楽しんでいたが

いよいよお別れのとき。幹事が挨拶をして解散となった。

名残惜しくて、いつまでも自動車の窓から手を振りあった。

また来年。体に気をつけて、元気で会おうね。















スポンサーサイト
2010.10.26 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/108-225543c7