平日のお昼にガ○ストに行った。
周りを見渡すと、仕事をしている人がたくさん来ていた。
サラリーマン・営業マン・職人さん・・・

隣を見ると、ワイルドヘア(別名ぼさぼさ頭)にねじり鉢巻きの職人さん。
ニッカポッカと呼ばれるズボンを穿き、いかにも仕事人ってかんじ。
日焼けした顔がなかなか逞しくてカッコいい。
実は私、職人さんが好きなんだよね~。


昼間のウエイトレスは、中年の主婦のパートが多いらしい。
注文を取りに来た女性も、いかにも「お母さん」である。
子供を学校に送り出し、家事をすませて仕事に来たのだろう。
髪は後ろに束ねただけで、色気もなにもない。
化粧気もなく、疲れた顔をしている。
白のブラウス、黒のパンツにエプロンという制服姿。
しかし・・尻がとっても大きくてパンツがパツパツだ。
人のことは言えないが、バランスというものがある。
後ろ姿はまるで象さん。
こういうサービス業というのは、少しは化粧をして
色気があったほうがいいと私は思っている。

若くてキレイ系の女性が料理を運んでくると
それだけで美味しそうな気がするのは私だけではないだろう。
たとえ、キッチンでブサイクなオッサンが料理していたとしても。

職人さんのところに、象さんが注文に行った。
メニューに目を落としたまま「これと、これ」とぶっきらぼうに言った。
象さんは私たちのところより、ちょっとばかり声のトーンを上げて
「ではご注文を繰り返します・・でよろしいでしょうか?」
と可愛らしく(?)問いかけているが職人さんたちは無表情で首を縦に振る。
あれが若い女子だったとしたら、顔を見上げて「うん、いいよ」と言うのだろう。
チクショー!
人ごとながら、なんだかムカつくな~。


サラリーマンたちは、仕事がらみの話題を談笑しながら箸を動かしている。
個性も色気もなく、さえない集団である。
今日のランチメニューはハンバーグ。
しかもご飯の大盛りが無料とあった。
全員、右に習えでハンバーグを注文している。
5分で平らげると、そろって一服。
税金がたくさんかかっているから、根元まで吸い尽くしている。
皆、家のローンやら子供の学費やらで小づかいを減らされているのだろうか。

はす向かいの営業マンは、しきりに電話をかけている。
「ええ・・はい・・では明日。ありがとうございます」
「ですからねぇ、こちらとしても納期があるので困るんだよねえ」
頭を下げたり、クレームつけたり忙しそうだなあ。
眉間にしわを寄せ、おしぼりで額の汗をぬぐっている。
とっくにきていたスパゲッティーは冷めてしまったようだ。
せわしなくラーメンのようにすすっている。

皆、それぞれの人生と仕事と背負ったものがあるのだなあ。


ところで、昨夕は関東地方にも雪が積もった。
我が家の周辺にも5センチくらいの積雪。
降りしきる雪がとってもキレイだった。
P1000121.jpg







スポンサーサイト
2011.02.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/159-52324134