ザ・メデート

女同士で遊ぶことを「メデート」と言うのだそうだ。
昨日の雨の日曜日、高速を飛ばして友人が遊びに来てくれた
前の職場の同僚であるが、妙に気が合うのだ。
一緒にいると、なんだか懐かしいような、ホッとする気がする。
もしかすると、前世では姉妹か母娘だったのかもしれないと思う。

お昼を食べに、パスタの店に行った。
おしゃべりに夢中で、フォトグラムを忘れてしまったのが、ちと悔しい。
私は「野菜ミソパスタ」を注文した。味噌味のパスタってどうなんだろう?
野菜は、無農薬で採れたて新鮮。すごく柔らかくて「ベビーリーフ」そのもの。
パスタは注文受けてから茹でるということで、30分くらい待った。
お客さんが次々と来るのに、すごいこだわりだなあ。
適当に茹でておいて、どんどん回せばもっと早くて儲かるんじゃない?
でも、さすがに違う。ツルツルシコシコとして、絶品であった。
みそってなんにでも合うものだと驚き。

満腹になったところで、市内をぐるっとドライブに行く。
といっても、まだ道が良く分からないので、案の定迷子になった。
「今、どこにいるんだろう~
と焦る私。
「大丈夫。道はつながってるから~。あははは
とスリムなのに、太っ腹(?)な友。

またしても、カラオケボックスに行く。
やっぱ、好きなものも同じだ。
好きな歌を好きなだけ歌いまくり「歌った~、満足じゃ~」

はあ~楽しい「メデート」であった。
もうこの年になると、色恋というよりオンナ同士で楽しく遊ぶほうが充実する。

女だけの飲み会の「女子会」というのも流行りらしい。
私はいつも「女子会」だけどね。職場が女子ばかりだから。




スポンサーサイト

コメント

No title

先ほど自宅pcのお気に入りにも登録いたしました。
メデート=雌デート ならば オデート=雄デート かな、私は男女関係無く話が通じればデート可能と言っているが、人に合わすことが面倒で、プライベートは一匹狼が多いですね。
一緒に時を過ごして一番いやな言葉 「次どうします?」 年上なら考えるが、年下なら頭使えといってやりたい・・・
                          私・・まずいかな?

No title

「注文を受けてからパスタを茹でる」ため30分待った・・というところに異常反応してしまう私。「茹でたてパスタにこだわりの店」であっても30分待たせはかかり過ぎ!ほとんどのイタリアンやパスタ専門店は、注文を受けてから茹でるのが普通。ラーメン屋が注文受けてから麺を茹でるのと同じに・・その店が遅いのは「茹で」が理由ではないと見た!手際が悪いか仕事が遅いかだ・・某所のパスタ麺の茹で時間は1分だよ。ああ・・思わぬ箇所に私の心がヒットして熱く語ってしまった。ひろちゃんの言わんとするとこは、ここじゃないのに・・ごめん

No title

へ~、メデートって言うのですか?
私も今日はメデートを楽しんできましたよ。
大雨だったけど車で送迎してくれて助かったぁ!

のごまさん

一匹旅行からご帰還おめでとうございます。
確かに、合わせるのが面倒な人もいますね~v-393
相手にもよるかもしれません。

でも、一人遊びが上手なほうが色んな意味で都合がいいと思われます。
将来、ナントカ落ち葉・○○ゴミにならなくてすむしぃe-291

tsujiさん

あははは。v-411tsujiちゃんのプロ根性は素晴らしいv-353だから繁盛するのだなあって感じております。
確かに、待ったv-363でも、待つ価値があるのかと思い、何も考えずに待った。
それがいけない(スナナレのハルのセリフ)。それが日本人のお人よしの原点ではないか。な~んちゃって。

蘭子さん

メデートは食事・おしゃべりが中心だから、すっきりしますね~v-218夫との「オデート」は気は使わないけど、つまんないし・・
私は、自称・お祭りオンナだから楽しい・賑やかが好きなのですv-238蘭子さんも同類と見たv-391

No title

楽しかったですね
女同士はなぜにあんなにお喋りができるのか・・・
朝のゴミだし時でも道端で、延々一時間も話し込んでいるの見かける。
2人であれだから、三人寄ればもう・・
 
男同士はお喋りなど成立しないですね。
最近はアルコール駄目で飲み会もご無沙汰ですv-7

ottchさん

オンナはおしゃべりで気晴らしができるという、なんとも安上がりで気軽な手段を持っているのですv-398女子会で飲むと、なんと安いことか・・・i-53
しかし、ゴミ出しで1時間もおしゃべりはすごい!!家は大丈夫でしょうか?泥棒さんが入っても知りません。
そういえば、角田光代の「八日目の蝉」という本の出だしを思い出しました。家鍵をかけずに夫を駅まで送ったところ、赤ちゃんが盗まれてしまったという話。面白かったです。一晩で一気読みしましたi-70

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)