あ~あ・・・
もう生きているのもすっかり飽きた。
病気になっちまって、こんな施設に入れられてさ。
子供たちは、私の世話ができないとか言って冷たいことだ。
あんなに可愛がって世話してやったのに。

昨夜は体がかゆくて眠れないというのに
いくらナースコールしても来ちゃくれない。
大きな声で呼ぶのだけど、誰も来ない。
悔しいから、ベッドから降りてやった。

そしたらちょっと頭打って痛かったな。
そこへちょうど介護さんが来て、大騒ぎさ。
ベッドに手足を縛られて身動きできなくて。

今日は朝から色んな人が部屋に入って来る。
さっきも「ケアなんちゃら」とかいうオンナが来た。
「お加減はいかがですか?」
なんて猫なでごえで、笑っちゃうわ。
「うるさ~い。あっちへいけ~!」
と怒鳴ってやった。
「ごめんなさいね~」なんてそそくさと出て行った。
いい気味・・・ちょっと美人だと思って。

そこへ介護さんのT君が来た。
コイツは、ちょっといいやつだ。
孫が「キャインのアマノ」とかに似ているって言ったっけ。
あたしゃ、誰だか知らないんだけど。

男前ではないものの、愛嬌があるんだね。
こんなババアでも姫様みたいに扱ってくれる。
「どうしたのぉ?さあ、僕とお茶を飲もうよ~」
ってひざまづいてウルウルと見つめてくれるんだ。
ついつい言うことを聞いてしまう。

今度はもっとわがまま言って、お姫様だっこでもしてもらおうかね。
ほかのスタッフの女の子たちが羨ましがるだろう。
あれでいて、なかなか人気があるらしいから。

あいつだけだよ。
私に声かけてくれるのは。
皆、不穏なばあさんとか言って、敬遠するからね。

今日も「早くして~っ」って何度も叫んじゃったし。
皆がびっくりしていたけど、知ったこっちゃない。

早くお迎えが来ないかねぇ。

じいさんが生きてた頃は楽しかったのに。
あれで昔は色男でさ。
女が放っておかなかった。
でも浮気はしなかったよ。
私のことが大事だと言って・・
いやいや、ノロケじゃないってば。

親が決めた相手だったけど
結婚式の日に初めて会って、一目ぼれしたんだ。

子供は12人。
病気で2人死んだけどね。
じいさんはあっちがチョメチョメでね~・・グシシシ・・
アタシも良く産んだもんだ。

もう、こんなになってしまっては色気もへったくれもない。
隣の部屋のばあさんと、上の階のじいさんはデキテルらしいけど。
年中、廊下でイチャイチャ話してるっけ。
まあ、どうでもいいさ。

早くじいさんがお迎えに来ないかねぇ・・・

でも介護のスタッフたちがよく噂している
「憎まれっ子、世にはばかる」って。

昔はすぐに死ぬと言われたこともあるのに。
なんて言ったっけ・・・?
そうそう「美人薄命」

また「ケアなんちゃら」のオンナが来た。
ったく、懲りないねえ~・・・

ま、悪い気はしないけど。


スポンサーサイト
2011.03.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/164-6d6c80ed