いつもの集いに出席するために、都内に出かけた。
その電車の中でのこと。

ウィークディというのに、若い人が多いなあ。
私の隣に若い女子が乗り込んできた。
車内はそこそこに混んでいて、座席はいっぱい。

ふと見ると、座席に座っているのは
若者~中年の男子ばかり。

皆、携帯を見るふり、寝ているふり、外を見るふりして
若い女子にチラチラと視線を注いでいるのが分かる。
本当に男子って単純で分かりやすいなあ~。

私も隣の女子を観察することにした。
茶髪のロン毛で今時の雰囲気があるが
スッピンの肌のようで、透明感があってキレイ。
ほんのりと色のついた唇はグロスなのか艶々だ。
流行りの付けまつげはしていないせいか
逆に新鮮に感じる。

下方に目をやると、適度に肉のついたおみ足が
すらりとミニスカートからのぞいている。
なんとまあ、惜しげもなく・・

電車が急にガタンと大きく揺れた。
女子は思わずバランスを失って足を開く。
内腿がちらりと見えるのを、男子たちは見逃さない。
一斉に目を注ぐ。本当にバカ者どもが~。

向こう側にも女子はいる。
しかし、年の頃は50代後半か・・・?
まだ色気の残るお年頃である。
白髪が目立ち始める髪を気にしつつ
贅肉を矯正下着で隠し・・でもはみ出ているけど・・
後ろ姿はボンレスハム。
節くれだった手はシミが目立ち、かさついている。
何度も鏡の前で、こうでねえとをしたのだろうなあ。
ジャケットをスカーフの色合いが絶妙にマッチしている。
何度もファンデを塗り固めたのか、よれている・・・

だ~れも注目しない。

前の席にいる20代男子。
まだ大学を卒業したてだろうか。
初々しい可愛い顔をしている。
スリムなスーツに身を包み、イヤホンを耳に突っ込んで
夢の世界を漂っている。
営業マンなのかな。

ついこの間まで、髪をムースでツンツンと立たせ
腰パン穿いて、友達と笑い合っていたのだろうか。

ふと目を覚ました。
着いた駅で何事もなかったようにスッと降りて行った。

すげ~!
あんなに深く爆睡していたのに、瞬時で戻った。
でも、上着のすそに食べこぼしたようなシミを発見した。
お子ちゃまだなあ~。カワユスだ~。
ちょっと母性本能をコチョコチョされてしまったよ。
スポンサーサイト
2011.06.09 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/189-b9d36224