島田紳助が突然、芸能界を引退した。
別に特にファンということもないが
あまりにも急で衝撃的なのでびっくりした。

彼のプロデュースした番組で好きなものがあった。
「紳助社長のプロデュース大作戦」である。
その中の沖縄に民宿を作るというコーナーが好きだった。

人気が低迷した芸人が沖縄に住んで、一からの手作りをする。
何もない更地から、畑を耕し作物を作り、宿を改修する。
実際、本当に大変な思いをしたのだろう。
テレビの画面からも苦労の端々が感じられる。

色々と指令しながらも、紳助の優しさがにじみ出ていた。
限界を感じると、助っ人を送り込み応援する。
さらに休暇なのに、自分から訪れたりしていた。

後輩たちから尊敬されるのは、そういう人間味があったからだろう。
本当なら、芸能界から見放されていくであろう芸能人たちが
彼の手のうちにはいると、人気者になったりした。

ヘキサゴンでは、頭の悪いおバカさんたちが(実際は違うのかもしれないが)
クイズに対して、へんてこりんな答えをしていた。
そこに目をつけ「羞恥心」というユニットを結成させたりした。
しかも、一回限りという限定である。

すごい才能だなあと感心した。

あの傷害事件で自粛していたのに
復活後はすばらしい活躍だった。

でも、この潔い(?)引退ってどうよ。
私はなんだか無責任としか感じない。

6本ものレギュラー番組はどうするの?

どんな仕事だって、辞めるときは一月前までには願いを出し
責任をもって、ポストとなる人に引き継ぎをするもんでしょ?
関係者にきちんと説明して、挨拶をして
立つ鳥あとを濁さずってのが礼儀ではなかろうか。

まあ、芸能界というのは一般と違うのかもしれないけど。
色んな黒い部分があるみたいだから。
こういうのもありなのかもね。

なんだかがっかりしちゃたなあ。



スポンサーサイト
2011.08.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/222-644d46bd