先日の休みに実妹と待ち合わせて実家に行って来た。
父・88歳。母・81歳。
父は脳梗塞の後遺症で生活にやや支障はあるものの
自分のことは自分でできるし、食欲もあるし
なにしろ認知症がない。これは有難い。

時々、PCに誤字脱字が満載のメールが届く。
これはマヒがあるので、うまく文字が打てないので仕方ない。
内容は、ちゃんと筋が通っているので大丈夫だろう。

母は80歳をすぎた高齢者とはとても思えないような
軽いフットワークでびっくりした。
以前からよく動く人だとは思っていたが。

実妹と私と3人でデパートに出かけたのだが、
私たちがモタモタしているうちに母は
どこかに消えてしまった・・・

あれ?あれ?

二人で慌てていると、すでに目的の売り場に到着している。
足、早いな。
よく杖ついて手を引かれているババ様がいるけれど
ウチのババ様はこっちが誘導されている。

信号待ちをしていると、どこかのオバタリアンと話している。
「知り合い?」と聞くと
「ううん。自転車だから近くなのかと聞いてだけ」
・・・って、とっても親しげだったけど・・

以前、撮った変身写真を見せると
「これが私の娘達かい?器量がいいねえ~。
皆に見せてやろうかなあ?すごくキレイだ~」
と感激しているので、実妹が面白がって携帯の動画で撮りだした。
すると、カメラを意識しながらポーズしたりピースしている。

それを見ていたら「私たちはまさにこの人のDNAだ!」
と痛感したのだった。

じゃじゃ馬母娘3人衆である。
父は小さくなって、母のいいなりだ。

涙もろくなって、何かと言うと泣いている。
前回、訪問したときは母が白内障のオペなので
食事も作れないだろうと思い、弁当を作っていった。
そしたらそれをみたとたん、オイオイと泣きだした。
母のことが心配なこともあったのだろうと思うけど。

日常から離れて、たまには親子になるのもいいな。
いつまでもできることではないし。
少しでも親孝行のまねごとでもできれば幸せだな。


スポンサーサイト

コメント

ご両親ともお元気で何よりですね。
親孝行の真似ごとじゃなくて、親孝行じゃないですかー(笑

母上は確かにひろさんのDNAです。
あ、逆か。
誘えば3人姉妹とか言って変身メイク撮影など
してしまいそうな勢い。
でも、ご両親がお元気ということは何ものにも代えがたい幸せですよ~。

そうですよ、ひろさん。
親孝行は出来るときに一杯してあげてください。
先日の中国旅行のとき、最高齢の夫婦は87歳爺と80歳の奥さんでした。
そのババ様のかいがいしくて元気なこと・・・

何時までも元気な両親がいてくれることは何よりですね。

はるさん。
そうっすか~i-198
はるさんこそ、親孝行娘ぢゃん♪

蘭子さん。
確かにi-199
率先して張り切ってしまいそうです・・
いつか誘ってみようかな。
いつまでもあると思っていてはいけませんね。

ottchさん。
昨年、カナダに行った時もツアーのほとんどは高齢者でした。
後期高齢者も数人いて、皆本当にお元気でしたよv-219
年齢じゃないんだなあと、とっても勇気づけられたですよ。
私もいつかそう思われるような老人でありたいわv-238

娘と母親の会話は一方通行が多い・・・慣れっこです。
若い方と街を闊歩することは精神衛生上とてもいいことでしょうね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)