越子改め、奈須子でございます。

人間、生きていくのに食事と排泄は欠かせない。
朝は排泄介助から始まり、食事・入浴・整容・処置・・と
一日が目まぐるしく展開していく。

食事の時間、居室から次々と搬送(?)されてくるジジババ様。
定位置につき、食事が配られていく。
普通食・粥・ミキサー食とさまざまである。
自立して食べている人もいるが、そうでない人もいる。

奈須子は介護リーダーの指示にて食事介助に入った。
Tバ~様は奈須子の顔をみたとたん、急に笑顔になった。
娘か孫と似ているのかもしれないなあ。
「う~、う~」と何か言いたげな表情をして見つめてくる。

スプーンをもっていくと口を開けた。
すかさず入れる。
もぐもぐもぐ・・・ごっくん。
「あら、上手だね~」と言うと笑った。
赤ちゃんみたいで超可愛い。

ふと周りを見ると、介護さんたちが動き回っている。
若男介護さんは一口介助すると、他の席へ向かう。
「ほら、ちゃんと目を開けて」
「口をあけてごらん、ちゃんと食べないとダメだよ」
といいながら、次々とスプーンで口の中に入れていく。
そんなにたくさん詰め込んでも大丈夫・・?
しかし、下膳の時間が迫っていて早く食べさせなくては間に合わない。

戦争のような食事が終了した。
汚れたエプロン・おしぼりを回収する。
床に落ちた残差物を掃いて掃除。

これが一日3回なのね~。
気が遠くなるような作業である。

特養ホームは病院と違って、医療の必要な人も少ない。
したがって、自立に近い人も多い。
トイレに至っては、年がら年中コールがなっている。

転倒させないように皆必死であるが
目の届かないところで事故は起きる。

夜勤帯でも転倒事故が起きた。
独歩で自立に近いバ様が居室で転倒した。
額にたんこぶ。鼻にサッカ傷。後頭部に切傷。
出血もあり、圧迫止血したとのことだが・・

左の足が痛いと言う。
動かすと「痛い!痛い!」と叫ぶ。
足先が外転している!

・・・ああ、なんてことだ。
大腿骨頚部骨折だ。
高齢者のほとんどは転ぶとここが折れてしまうんだわね~。

残念だけど、入院になってしまう。
年齢的には外科的(オペ)なことはせず、保存的療法になると思うけど。

早速、施設長(看護師)・施設ケアマネ・介護主任・各リーダーが集まり緊急会議を行う。
何が原因で何をすべきだったか。今後はどんな対策をするのか・・厳しく討論する。
それでも事故は起きてしまうんだね。

スポンサーサイト

コメント

No title

これから昼飯というときに、開いちまった。
人間相手の仕事は面白く時には辛い・・・元気いっぱい出して、がんばれよ~~~

No title

私も個人的に予約しておきたい・・・笑。
その節は宜しくお願いします。

No title

大変だよねえ、
ああはなりたくない、と思ってもなってしまうのですよね。
長生きは幸せなんだろうか・・・・
私はピンコロは無理としても、願わくばもっと早く逝きたい。

No title

食べれば出るよね(笑
下膳の時間かぁ・・・。
夫の叔父が、脳梗塞で倒れてから
朝食の食パン1枚が2時間かかるんだって。
でもデイサービスに行くと、時間内に食べてきているようだと聞きました。
1人だけの介助じゃないもんね。
大変な仕事だわ。
夫の祖母は昨年8月に大腿骨頚部骨折したって。
ひろさんの所に来て、祖母と叔父の顔が思い浮かびました(笑

No title

遅ればせながら...
あけましておめでとうございます。
本年も愉快な奮闘記を楽しみにブログを拝見させていただきます。
お体には十分お気をつけてお過ごしくださいませ。
改めまして、よろしくお願いします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)