入所しているA子さん・83歳。
失語症なのか、言葉を発しない。
話しかけに頷いたりするので、こちらの言うことは分かっているようだ。

手足はこう縮してしまい、ほとんど動かない。
食事ができなくなり、胃ろうとなった。

大人しくて、真面目な女性だったイメージである。
若いころは社会保険事務所で働いていたと言う。
子供がいなかったので、弟夫婦の子供を本当に可愛がっていたのだとか。

初めてA子さんを見た時は、皮膚が乾燥していて唇の皮むけがひどかった。
手足も粉をふいたようになっていて、動かすと落せつが舞った。
「可哀そうだな」と思った。
人間扱いされていないみたいで、悲しくなった。

次の時、A子さんの入浴介助と処置に入った。
介護さんのなすがまま、されるままで文句も言わない。
浴室で素裸にされて、じっと待っていた。
その手にさわると氷のように冷たい。
そっとバスタオルで小さな体を覆った。

浴槽でピンク色に染まったその手足にユベラ軟膏を塗りつける。
いつ、誰がつけたのか頭には傷ができている。
一人で動く人ではないので、トランス(移動)時に誰かがどこかにぶつけたのだろう。
Aさんが何も訴えないのをいいことに、事故報告さえ出てこない。
ひどいよね・・・また悲しくなった。

胃ろうの挿入部を消毒して、ガーゼで保護。
踵部に少しだけじょく創ができているので、消毒してガーゼ保護。
全身を観察するチャンスである。
臀部にはじょく創がないのが幸いである。

唇をガーゼでぬぐい、軟膏を塗った。
顔にもクリーム。これだけで全然ちがうわ。

気持ちよさそうに目を半分つむっている。
A子さん、可愛いよ。きっと故旦那さまも可愛いと思ったことだろうね。

翌日、A子さんの弟夫婦が面会に来た。
「胃ろうになって、ふっくらしてきた。顔の艶もよくなって嬉しい。
私(弟)はA子ねえさんに育てられたようなものだから、元気でいてほしい。
いるだけで心の支えなんですよ・・」と言った。

内心、昨日ユベラを塗っておいてよかったと思った。
A子さんは目をぱっちりとあけて、キョロキョロを二人を見ている。
いつもの表情とはまったく違うのがよく分かった。

ケアマネよ、A子さんをこのまま放置でいいの?
奈須子は突然、越子の顔になってしまった。

さっそく、報告し相談すると「情報をありがとう」と喜んでくれた。
現場のことは、ケアマネにはなかなか届きにくいものである。

まずは口腔ケアのグッズを購入し、口腔ケアを強化することになった。
そしてリハビリの継続と、軟膏塗布のケアプランが加わった。

ベッドに寝たきりにせずに可能なかぎり、ホールに移動して
他者と一緒に過ごせるように配慮する・・・など。

先が長くないからこそ、最後のときは人間らしく、その人らしく過ごさせてやりたい。
人出不足だから、仕方がないこともあるけれど。

忙しいけれど、ちょっとだけ足をとめ手を止めて向き合う。
それだけで安心して満足してしまうものだ。
子供と一緒であるけれどね。

ジジババさまに対しての態度や言葉使いで、その介護士の度量やら能力が分かってしまう。

ちょっとチャラオのM主任(30歳・男子)は見た目はエエカッコシイ。
でも、ジジババ様への態度やケアや言葉使いは素晴らしい。
奈須子に対しても、尊敬の念で接してくれるし、部下たちへは厳しく優しく
ねぎらい、指導している。
なんだか惚れてまう~・・・

同じ30歳のF君は、奈須子に対しても
「床がぬれているのでモップで拭いてください」とか
「Fババ様は転倒の危険があるので、最後まで目を離さないようにしてください」とか
「Yジジ様は、さっきみたいにむせ込むことがあるので食事介助するときは気をつけて」
とか言う。奈須子は介護の実習生じゃないぞ(怒
と思うが、ぐっと我慢する。

また、明日から頑張ろうっと。
スポンサーサイト
2012.01.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/261-b05ac7cd