奈須子になって3カ月がたった。
約束通りに、もとの越子に戻ることが決まった。
とっても嬉しいのだけど、せっかく仲良くなれた仕事仲間、
そして入所者の皆と別れるのはちょっと切ないなあ~

職場の介護さんは、前には書いたように男性が多い。
20歳から58歳まで幅広い。
最初は男ばかりでビビりまくっていたが
だんだん居心地が良くなってきていた。
奈須子はどちらかというと、もう「おばさん」の域である。
それなのに、女子というだけで何となくモテている(嬉

ボーイフレンドがたくさんできたし(喜
食事に行こうと誘って来るボーイもいる。
まあ、社交辞令にすぎないが・・・
処置をするのに、髪が邪魔で耳にかけると
「おお!いいねえ。イロッペ~」
そんなこと言われたのは初めてかもしれん。

「ずっといてほしい」とお願いされたり・・
ウヒヒヒ・・・
まあ、仕事上という意味であろうけど・・

いよいよ明日でお別れだ。
奈須子のファンだった彼は嘆き悲しむだろうか。
って、ファンがいたのか?

短い間だったけど、色々と勉強になったなあ。
介護という仕事はやさしくなくてはできない。
老人介護は特にお年寄りが好きでなくてはできない。
みんな、若いのに良く頑張ってるなあ~。

また、4月からは越子に戻って頑張ろう。
ありがとね。皆。
スポンサーサイト
2012.03.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/280-a00d833e