父の日

P2010_0621_072450.jpg 
我が家のプチトマト。
一粒の種からこんなに成長して
可愛い黄色い花を咲かせています。
デジカメではないので、ちょっと画像が悪くてごめん。

ところで、昨日は父の日でしたね。
息子が帰ってきました。
そうだった、私にも息子がいたんだっけ、って思った。
離れて暮らしていると、なんか忘れちゃう。

息子は、他県の病院に勤めています。
臨床検査技師という仕事をしています。
入職2年目になり、少しずつ社会人らしくなってきました。
大学生のころは同居していたのですが
いる気配はするものの、あまり会ったことがなかったなあ。
私は仕事をしていたし
息子は昼夜逆転みたいな生活だったし。

会った瞬間にリボンのついた箱を渡された。
「ちょっと早いけど、お誕生日おめでとう」だって。
も~、こいつは本当に心をつかむのが上手い。

ちなみに27日なんすけど
息子も同じ日なのよね。

夫は父の日のプレゼントに肌着かなんかもらってた。
「今日はあなたが主役」とか言われて
ビールをついでもらって嬉しそうでした。
リップサービスも上手いなあ。

そういえば、小さいころからそうだった。
私の母なんてメロメロ・・(笑)
息子がまだ幼稚園くらいのときのことです。
母が指にけがをしたときに
さっとバンドエイドを渡して
「おばあちゃん、これ使って。大丈夫?」
と心配してくれたと言うんです。
まさに老女の心までわしづかみ(?)

息子が小さいころは私は仕事が忙しくて
あまり一緒にいてやれなかったのです。
ある日ウルウルした目で私をじ~っと見て
「ママ、ボクのこと嫌いにならないで。
ママに嫌われたらボク悲しいから」
って、涙をポロっとこぼすんですね。
そういうイロッポイことを
さらっとやっちゃう子供でした。

そういう面では本当に世渡りが上手いなあと感心します。
学生のころは、イジメなんて皆無だったし
友達がいつもワンサカいたっけ。
我が家には男女まぜこぜで
色んな友達が入れ替わり立ち替わり来てました。
朝、気づくと何人か雑魚寝なんてこともありました。

今も、職場の上司や同僚に恵まれて
なんとか楽しく仕事をしているらしい。
まあ、仕事となると色んなことがあるからね。
特に医療系となると、患者さんがいるだけに
厳しいことがたくさんあるもの。
私も長くナースだったから、よく分かる。
でも近々、またナースに復帰する予定です。
厳しい世界だけど
なんだかハマルんだわねえ・・・
しばらく離れるとまた仕事がしたくなるのです。
男性の腕に血管が浮き出ているのを見ると
無性に注射がしたくなるってかんじ
まあ、そんなわけで息子は本日自宅に帰るそうです。
明日、夜勤だそうで、まだ爆睡状態です。

離れてみると
親の愛情って本当に無償だし
永遠なのだなあとしみじみ思います。
きっと老いた両親も同じなのだろうと思うと
たまには顔を見せに行かなくてはいかんと反省です。





スポンサーサイト

コメント

なんだかんだ言っても、ひろさんの子育ては大成功だったのでは?
母子べったりの純粋培養ではなく、仕事が忙しかったことで忍耐力や独立心が養われたのでしょう。
可愛いじゃありませんか。
うちでも、娘は言葉が辛らつですが、息子はホロリとくるような事を言ってくれます。

<子育ては大成功>
そ、そう?木登りしちゃうぞ~。
でも躾とか教育とか全然しなかったんだけど、愛情だけはたっぷりと注いだわ~v-344世の中にこんなに可愛い生物がいるんだってかんじv-411
今日の私のバランス年齢は30歳。どんどん若返っていくぞ~。20代まであと一息だ~v-310

きっと老いた両親も同じなのだろうと・・・良くぞ気付かれた。
それにしても、バラ肉年齢とは何ぞや?

<バラ肉年齢・・・腹部に2キロ、大腿部にそれぞれ0.5キロ・・・って違うっつ~のv-12
つまり実年齢に限りなく近い架空の年齢ということです。オッホンv-20

昨年から寂しい父の日になりました。
どうぞ、たっぷり甘えてあげてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)