季節がらのせいか、急変するジジババ様が増えている。
昨日は、なんと2人がご逝去された。

M子さんは数日前から、状態が良くなくて、ご家族が泊まり込んでいた。
だんだん血圧が下がっていき、尿が出なくなっていて覚悟はできていた。
なのに、I朗さんは本当に急変だった。
朝、様子がおかしいと連絡が入り駆けつけると、どんどん悪くなっている。
下顎呼吸になり、無呼吸になり・・・モニターがフラットになり・・・
越子はケアマネだけど、心マ(心臓マッサージ)を行う。
もう一人のナースがアンビューを操作し、連携プレーである。
ドクターが到着し、死亡時間を告げるまで、心臓を止めるわけにはいかん。

しかし、I朗さんは逝ってしまった・・・

葬儀の車を一日に2回も見送るなんて・・悲しいなあ・・
裏口からそっと送り出し、車が出発するのを頭を下げて送り出す。

誰であっても、いつであってもその瞬間は泣きそうになる。
人が亡くなるというのは本当に辛い。
なのに、死亡診断書を受け取ったり、葬儀の打ちあわせをしたり
退去の書類を書いてもらったりするのは、嫌だなあ・・・
嫌だけど、仕方ないなあ・・

そして、今夜は退社時間になってから急変の知らせが届いた。
誤嚥性肺炎で熱発・呼吸苦・レベル低下・・・
ケアマネでナースの越子は駆けつける。
ちょうど、医務室に到着したところで手伝う。

ゼイゼイという苦しそうな息遣い。
胸は湿性ラ音のゴロゴロ・ゼロゼロと音がする。
サクションで痰を吸引するものの、血中濃度は70%(正常は95%以上)
酸素を5リットル流す。
師長の指示で点滴に薬を詰め、バイタルを計り、ドクターに連絡する。
越子は奈須子に変身していた。

結果、なんとか一命をとどめたと思われる。
今頃、どうしているだろう。
ドクターは処置が早かったので、これ以上の悪化はないと言った。

ああ・・・良かったなあ。
大事な命だから、無下にしたくないから・・

だけど、誰でもいつかは訪れるその時。
越子で奈須子は、どう迎えたいのか、どうありたいのかと思う。

その瞬間は、やはり一番大切な人に見送ってほしい。

スポンサーサイト
2012.09.29 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/334-9a185af1