夜9時ごろ帰宅した時、エレベーターで親子と一緒になった。
若いお母さんと、幼稚園と2歳くらいの男児二人。
幼稚園の男児は制服を着ている。

お母さんが残業で遅くなったのであろうか。
母「こんばんは、は?」
子「こんばんは・・」
私「こんばんは。寒いね」
母「本当に・・・一番の寒さのようですね」
私「風邪引かないように気をつけて・・」
母「ありがとうございます!」

これから食事をして入浴して、歯磨きやらなんやらして
寝るのは何時になるんだろうなあ。

親の都合で遅くなるのは、いいとは言えないが
仕事では仕方ない。

夜中のファミレスで子供たちが走り回っているのも
困った光景だなあと思っていたけれど。

子供が小さいうちは、親の趣味とか娯楽などは
ひとまず休憩ってできないのだろうか?

手がかかるのは、本当に短くてあっという間。
たくさん愛して、たくさんスキンシップして
手が離れたら自分優先でいいのではないかな。

ウチのマ~ゴは、両親・4人のジジババ・5人のヒイジジババたちから
愛情をたっぷりもらってスクスク育っている。
同居のニャンコ先輩と一緒にお昼寝の毎日。
チビと一馬


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)