AccuVein

category: 未分類  

すごい機械が出現した。
AccuVein(アキュベイン)というそうだ。
何がすごいって、照射するだけで
血管が画面に写るのだと言うから、すごい。

医療従事者たちは、穿刺をいう作業がある。
これは血管に針を刺すことであり
見えない血管を手さぐりで探し当てなくてはならん。

人工透析業務が長かった私は
穿刺にずいぶんと悩まされてきた。
いくら探っても血管が見つからず
何度も針を刺して患者を泣かせたこともあった。
「もう今日は治療はしない」と拒否されたことも・・・
もちろん、治療をしなければ病気は進行し
1週間で死亡してしまう。

人工透析って何?
という方に簡単に説明しよう。

腎臓とは腰の少し上の背中にある。
主に血液から老廃物や余分な水をこし出して尿を生成する。
そのほかに、血圧の調整やら骨の生成などにも関わっている。
肝臓と腎臓は大事な臓器の代表である。
慢性じん不全になると、尿が出なくなってしまう。
当然、老廃物や水が体にたまり、尿毒症や肺水腫などをおこし
死に至るという病気である。
腎臓は丸ごと移植しないかぎりは、一生透析をしないと生きられない。

人工透析とは、腹膜透析をいう選択肢もあるが
ほとんどが血液透析をさす。
ダイアライザーという人工腎臓を機械にセット。
一つの血管から血液を吸いだし、人工腎臓でキレイにしたら
もう一つの血管に戻す作業が延々4時間平均続く。

ということで、1回の治療で2本の針を刺す。
しかも18G(畳針の太さ)である。
人によってはさらに太い16Gという人もいる。

穿刺はカンと慣れとセンスだと言われている。
特にセンスがないナースは、いつまでたっても下手である。
穿刺が上手いナースはもてると言うが、
確かに一発で成功してほしいのは人間の心理であろう。
もし私が患者なら、失敗してほしくないもん。

AccuVeinがどんどん普及してほしいなあ。
どれだけお互いに楽になることかと思う。




スポンサーサイト

2015_02_20

Comments

No title 

あの針、めちゃくちゃ痛いんです。
アタクシね、白血球除去を何度かやったので知っています。
泣けます。
一発で入ったことが無くて、何度も何度も・・・
看護士さんが入れ替わり、そのうち血液内科の先生に変わりってことがありました。
みなさん、口々に「ごめんねー」と謝ってくれますが、
悪意がないのは分かっているものの、笑えないのです。

透析の人は血管を太くする手術するって聞いて、羨ましく思ったもんです(爆
はる  URL   2015-02-20 17:35  

No title 

私もテレビで、見ました。
「すごい~っ」と言いつつ見入りましたよ。

私の血管も脂肪に埋もれて見えないので、いつも迷惑かけてます。
採血のたびに温タオルで温める人もいたり、
お産の時はナースがギブアップしてDrに交代。
Drは「太平洋にゴボウを刺してる感じだ」と笑ってました。

友人は、「のりべーさんの腕って丸い」って驚いてました。
彼女は「腕は平べったい」と思い込んでいたそうよ。

あの機械、持ち歩きたいわ。
のりべぇ  URL   2015-02-21 09:02  

No title 

はるさん
そうなんですね。
大変な治療を受けたね。
透析患者は「シャント」という静脈と動脈の血管を
結ぶ手術をするんだよ。
すると、表皮を走る静脈に動脈血が流れるの。

私は「ごめんね」の立場だったので
すご~く凹んだものでした。
「この痛みを半分でいいから味わえ」と怒られたり(泣

のりべえさん
さすがは元・ナース。
感じるポイントが同じだね。
ぷぷぷ・・太平洋にゴボウって・・・
なんつう形容詞なんだ?

本当に、中にはほっっっそ~い血管の人、
奥の方にうずまっている人、複雑に曲がりくねっている人
顔が違うように、血管も千差万別ですなあ。
ひろ  URL   2015-02-21 09:46  

 管理者にだけ表示を許可する

07  « 2017_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ひろ627

Author:ひろ627
FC2ブログへようこそ!

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- 1 2 3 4 56
7 8 9 10 11 1213
14 15 16 17 18 1920
21 22 23 24 25 2627
28 29 30 31 - - -

全記事

Designed by 石津 花

検索フォーム

ブロとも申請フォーム




page
top