診療時間が来ると、急に活気が出てきた。
「さあ、始めましょう」
ドクターが定位置の椅子に座ると
事務長が声をかける。

受付の事務さんたちは殺気立ち
バタバタと走り回る。
今日も待合室はいっぱいである。

整形外科でリハビリもあるので
患者は老若男女バラエティーに富んでいる。

「3日前から足が痛いの」
と小学生の女の子が半べそをかいている。
ナースが足を触りながら、どこが痛いかと聞いている。
レントゲンを撮ると、骨には異常がないため
成長痛であろうとの診断。
まあ、ぶつけたり転んだりしていなければ
そんなところだろうな。

車いすでやってきたババ様。
「あっちこっちが痛くてねえ」
としかめっ面をする。
おん年、99歳だってよ!
どう見ても85歳くらいしか見えない。
「若いねぇ」と皆から褒められている。
施設のジジババ様ばかり見てきたから
99歳であんなにしっかりとしたクリアなババ様にはびっくりだ。

昨日から38℃の発熱があると来院した男子。
年の頃は20代後半で、ハーフっぽいほりの深い顔立ちをしている。
咳と鼻水がでるというので、カーテンで軽隔離。
インフルエンザの検査をする。
まだいるんだって、インフルにかかってる人が。
次にもまた高熱の女子がやってきた。
これもインフルエンザの検査をする。
二人とも(-)の判定なので、風邪薬の処方のみ。

採血したり、体重や身長を測ったり、注射や点滴したり
ドクターの介助をしたり、レントゲンの手配をしたり
カルテに記入したり、雑用がモリだくさんだ。

覚えるというより、感覚と体で慣れるしかないな。
スポンサーサイト
2015.03.25 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/503-9bc0c40e