7連勤だった先週。
さすがに疲れた。
慣れない環境と人間関係、覚えなくてはならぬ仕事。

自分の居場所ができるまで3年かかると聞いたことがある。
確かに、まだ居場所がないもんなあ。
長くいる人は、適当に休憩をとったり、おしゃべりしたり
息抜きしながら仕事をしている。

でも自分で選んだ道だから、ここは我慢どころ。
まあ、仕事とはそういうものだし。
外来なので、重病患者もいないし夜勤もなし。
殆ど時間で帰れるし、楽ちんなものだ。
その代わり、クリアな患者ばかりだから
接遇をきちんとしていかないと、怖い。

いつも点滴に通って来るOさん。
「この前、あなたに打ってもらったところが
こんなにアザになっちゃったのよ」という。
え?私だっけ?覚えがない。
でもまあ、いちおう「すみませんでした」と謝る。
すると別のナースがきて
「あらあ~。黒くなっちゃったね、ごめんね~」
「え?あなただっけ?いいのよ、いいの。
いつも世話になってるんだから」

血管が細くていつも苦戦してしまうというHさん。
たまたま私が点滴をして一発で入った。
「まあ、皆苦労しているのにあなた上手いわね」
と褒められた。
「いえ、たまたまですよ・・」と謙虚にいう。
ベテランナースがやっかみ半分に様子を見に来る。
「あらあ。うまくいったじゃない?もう私でなくてもいいね」
「いえ、困るわ、あなたじゃないと」
・・・勝手に言ってろ・・・

誰でも1回で入れてほしいと思うものだが
なかなかそうはいかない。
ましてや新人は敬遠される。
「私は血管が出ないのよ。大丈夫?」
と嫌そうな表情をする。
すごいプレッシャーだよね。
入ればいいけど、入らなかった暁には
「今日は点滴をしない」とゴネてしまう。
「そう言わないで。今日のところは私に免じて許してね」
「そう?じゃあ今日はそうするわ」
慣れているナースはなだめるのも上手い。
あ~あ・・・自己嫌悪だ。
スポンサーサイト
2015.04.12 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/514-4f7e38f5