お別れ・・

28年間、ほとんどずっと一緒に暮らしてきた長男が
いよいよ自立する日が来た。
28年前のあの日、梅雨の末期で土砂降りだったっけ。
病室の窓から見える景色が、雨で曇っていた。

奇しくも私の誕生日。
同じ誕生日だなんて、なんて素敵なんだろうと思った。
神様からの最高のプレゼントだと思った。

欲しかった男児。
可愛くて可愛くて
カンガルーみたいに大事に大事に
抱っこしておんぶして片時も離さず育てた。
息子もいわゆる「ママっこ」で私にベッタリだった。

その子がとうとう・・・やっとかな?
巣立ちの時が来た。
寂しいけど嬉しい。
ホッとするけど、寂しい。

色んな思いが交差する。
明日・・明日は笑顔で見送れるかな。
泣かないようにしよう。
サラッと「もう帰ってくるなよ~」と
笑い飛ばそうか。
「体に気をつけて、じゃあね~」
とそっけなく背中を向けちゃおうか・・

空っぽになった息子の部屋を見て
寂しくなっちゃうのかな・・
これからは夫と二人の生活が始まるな。
でも、マ~ゴが近くに引っ越して来るから
賑やかにもなるのかな。
昼寝

スポンサーサイト

コメント

寂しいね。
でも、ちゃんと見送れるひろさんは偉い!
息子も偉いと思うよ。
自立していくのが普通なんだけど、それができない人が多いんですもん。
笑って見送ってあげてください。
「帰ってくんな」じゃなく
「たまには帰ってこい」 でいいんじゃないでしょうか(笑

はるさん
そうだね。
あまり考えずに「たまには帰ってきてね」
でいいか。
今、旦那と部屋のレイアウトの真っ最中。
午前の部が終了したけれど、ヘトヘト・・

マザコンも子離れできない母親もいけません。ここは割り切って・・
とは言っても長年同居してくれていた息子と別れるのは淋しいことでしょう。
別居するだけで行き来出来るのでしょう。
優しい息子は度々来てくれるでしょうし。

代わりにまーごちゃんが近くに来てくれる。
これこそ天のお恵み。
それに老後は夫婦水入らずも良いものですよ。

泣いちゃえばいいさ٩(๑´3`๑)۶
私なんていつも泣いてた。

ottchさん
確かに長い間、一緒に暮せたのだから
ここはもう良しとしなくてはいけませんね。
優しい子だから、きっと気遣ってくれることかと
思われます・・・親ばかか??
本当に入れ替わりのように、孫たちが近くに来るのです。
もう、明後日には賑わっていることでしょう。

きむさん
そうなの?
ケロッとしていたから、平気なのかと思ってた!
娘が出て行くときは、一抹の寂しさと安堵があった
けれど、息子って手がかかる分寂しいのかな。
家事が半分以下になったよ。楽でいいけど。

キムタケが大学生になる時、涙が止まらなくて、実家に来て帰っていくたびに玄関先でウルウルするもんだから、だんだん私の目を見ないで去って行くようになったよ(*´з`)
まあ、あれから10年も経てば、慣れるってものさ。今はだー様と二人で楽ちんだけどね(´艸`*)

時は繰り返す・・・
ひろさんの28歳のとき親と同居していましたか?
   〃      里心いっぱいでしたか?

ひろさんの親はどう思ったのかな?

実家から独立って、もしかして、多分、きっと、お嫁ちゃんをもらう準備段階なんでしょ~。
嬉しいお見送りにつながると察したぞ。

きむさん
タケちゃんも、心が痛んだんだね。
ま、あ~たは昔から泣き虫だったから(爆
確かに、二人だと家事も半減するかんじだ!
荷物もだいぶ減ってすっきりした。

わたあめさん
私が28歳の頃?
もう結婚していて2児の母でしたわ♪
里心どころか育児家事で精いっぱいの毎日。
実家に行くと、リフレッシュと手抜きができて
とっても嬉しかったもんです。

のりちゃん
お察しのとおり。
彼女と同棲を始めたらしい。
まだお会いしていないけれど
「彼女にふられませんように。どうか結婚まで
こぎつけられますように」と祈っているとこ(爆

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)