Uさんは、50代の男性。
リウマチ(男性は2割の確率でかかるとか。残り8割は女性)で
体のあちこちが痛いらしい。
週に2回、痛みどめの点滴に通って来る。

何年も点滴をしているため、血管がぼろぼろで
なかなか針が入らない。
彼のために看護師が一人犠牲になることもある。
1時間くらい入らなくて四苦八苦することも・・・
それでも点滴をすると体が楽になるので
何本刺してもいいから点滴をしてほしいというのだ。

今日は朝から具合が悪いという。
昨日からおう吐して食べ物が入らないし
クラクラして熱もあるのだと。
診察はまだ始まらないけれど
早めにベッドに誘導する。
フラフラして危なっかしい。

ドクターの所見によると、熱中症らしい。
点滴の指示が出た。
はたして針がうまくささるのかなあ。
と不安に思いながら血管をさがしたら・・
あった!珍しく触れる。
見つけたら一気に刺してしまわないと
すぐになくなってしまう。
夢中で刺すと、なんと成功。
よかった~。
いつも何本も刺すのに、今日は1本だけ。
すごい達成感!
看護師のだいご味だね。
難しい血管を制覇するのは。

そして無事に点滴を終えて帰っていったのであった。
お大事に~。



スポンサーサイト
2015.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/559-9d03dce3