患者のUさんの巻

Uさんは、50代の男性。
リウマチ(男性は2割の確率でかかるとか。残り8割は女性)で
体のあちこちが痛いらしい。
週に2回、痛みどめの点滴に通って来る。

何年も点滴をしているため、血管がぼろぼろで
なかなか針が入らない。
彼のために看護師が一人犠牲になることもある。
1時間くらい入らなくて四苦八苦することも・・・
それでも点滴をすると体が楽になるので
何本刺してもいいから点滴をしてほしいというのだ。

今日は朝から具合が悪いという。
昨日からおう吐して食べ物が入らないし
クラクラして熱もあるのだと。
診察はまだ始まらないけれど
早めにベッドに誘導する。
フラフラして危なっかしい。

ドクターの所見によると、熱中症らしい。
点滴の指示が出た。
はたして針がうまくささるのかなあ。
と不安に思いながら血管をさがしたら・・
あった!珍しく触れる。
見つけたら一気に刺してしまわないと
すぐになくなってしまう。
夢中で刺すと、なんと成功。
よかった~。
いつも何本も刺すのに、今日は1本だけ。
すごい達成感!
看護師のだいご味だね。
難しい血管を制覇するのは。

そして無事に点滴を終えて帰っていったのであった。
お大事に~。



スポンサーサイト

コメント

アタクシの従姉もリウマチなのです。
いつも痛そうにしていて、可哀想。
痛みどめって、どれくらい持つのでしょう?
何ていう薬なのですか?
こんなこと聞いていいのかな。
ごめんね。


点滴一発!
それは神様です。
患者も、看護師さんが一生懸命やってくれているのは分かるんだけどね・・・
やっぱり痛いよね(笑

♬ ちゃらら~~ん、藤枝梅安先生を超えましたね。

夜な夜な、針を砥いでいた努力が報われましたね・・・そろそろご依頼が来る頃かな・・

はるさん
やはり1日か2日くらいしか利かないみたい。
ウチのクリニックで使っている痛みどめは
ハイコート、サイリジン、ノイロトロピンくらい
かな。痛みが楽になるといって週に3回くらい
打ちに来る人もいるね。
針刺し上手のナースはもてるというけれど
確かに指名したくなるよね。
「指名料は高いよ~」
と冗談で言ってるナースもいるけれど・・・
もっと上手くなりた~い。
従姉さん、お大事にね。

わたあめさん
針刺しは本当に、勘とセンスと慣れしかないです。
難しい血管の人に挑む時は、止めるテープを丁寧に
ハサミで切っておまじないにします。
そして、血管に言い聞かせるの。
「逃げないで上手く入れてね❤」ってね。
点滴、注射をするときは、ぜひ私をご指名ください。
お安くしておきまっせ~♪

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)