夏らしい患者が外来にやってくる。
20代前半の男子。独身。
仲間と海に出かけた日のこと。
夜じゅう運転して、すっかり疲れていたらしい。
海に到着したら、すっかり開放的になってしまって
朝からビールを飲んだそうだ。
そりゃそうだ。
朝から暑いしねえ。
疲れていたので、浜辺でウトウト・・・
ふと気付くと、体中真っ赤っか!
痛くて仕方がない。
帰りに運転するのにシートベルトができなかったそうだ。
受診した日は全身火ぶくれで痛々しかった・・
体を動かすのさえ痛くて泣きそうだったっけ。
薬を塗るのもやっとで、点滴と抗炎症の内服。
いきなり焼くのは危険だよね。
数日後、すっかり脱皮してやってきた。
「一皮むけたよ。すげ~な」
って・・・自分のことでしょ。
「若いうちは、無茶しちゃうよね。でも気を付けなよ」
と優しいドクター・・・

数日前から頭痛と吐き気、倦怠感で死にそうだとやってきた患者。
微熱もあるし、見るからに具合が悪そうだ。顔色も悪いし。
ドクターは一発で熱中症と判断。
電解質の点滴をして、安静にしていたところ
「気分がよくなりました」と元気に帰って行った。
今年は電解質入りの点滴が飛ぶように売れる。
特に老人は暑さものどの渇きも感じにくいので
かかりやすいのかも・・・
体調が悪いといって受診するのは、まだ軽症である。
何も感じずに、亡くなって行く人もいるのだろうなあ。
この暑さじゃ、高齢者は体力も奪われるし心配だな。

風呂掃除をしていたら、腰が痛くなったという中年男性患者。
きっと、オッカナイ様に言いつけられて掃除したんだろう。
「あ~た!ゴミ出しして、風呂掃除して、草むしりもしておいてね」
「ちょっと、あ~た!ゴロゴロしていないで出かけたら?」
お盆休み中、ガミガミ言われ続けたのかもしれない(爆
結果、持病だった腰痛が悪化してしまった模様。
「これは、すいぶんと無理をしましたね」
レントゲンのフィルムを見ながらドクターが唸る。
会社に行っているほうがはるかに楽でいいんだろうなあ。
ご愁傷さまです・・・アーメン・・・

そんな暑い熱い夏もあと少しだ。
早稲田は負けちゃったなあ。
清宮くんの涙が胸に刺さる・・・
まだ来年も再来年も頑張ってほしいねえ。
高校野球は様々なドラマを生み出す。

私の夏はまだまだ。
今週末は、夏祭りでフラダンスを踊るのだ~。
楽しみ♪




スポンサーサイト
2015.08.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/569-fa109751