帰省した。といっても、両実家とも車で1時間と少しくらいである。
夫はうるさいので、今回はレオンとお留守番。娘と二人旅となった。

まずは私の実家へ・・・
挨拶もなしに勝手に上がりこむ。こんなことができるのは実家くらいである。
父とはパソコンメールで毎日のようにやり取りしているので、お互いの近況は報告済みだ。
たいして話すこともないが、顔を見ているだけでホッとする。
父は一昨年脳梗塞で倒れて片まひであり、日常生活にも少し支障を呈している。
「ヤボな体になっちゃって、言うことを聞いてくれない」
とぼやきながらも、まったく凹んでいないところがいい。
涼しい時間に散歩を楽しみ、パソコンに夢中になり、体と相談しながら日々過ごしているようだ。
昔はそんな父に寄り添うように頼っていた母は、今は子供を見ているかのようにあれやこれやと世話を焼いている。
娘と話をするのが一番の楽しみだと言う。そんなことで親孝行できるのなら、できるだけ時間を作って来ようと思った。

次は義妹宅へ・・
若いうちに持ち家を購入し、親子3人で悠々自適な生活をしている。
しかし3年前に、長男を15歳で亡くし、本当に辛い思いをした。
悲しみは一生背負い続けていくことだろうが、うまく乗り越えて今を楽しんでいる様子である。
先日は夫婦で山登りをしてきたとパンフレットを見せてくれた。
このところ、二人であちこちに遊びに行っているという。
幸せであってほしいと心から思う。今度、皆で遊ぶ計画をたてたいなあ~。

最後に夫の実家へ・・
私にとって元自宅であるので、気遣いすることもない。
前回、転勤にて急な引っ越しをしたので、とりあえず必要なものだけ持ち、半分くらい荷物が残っている。
少しずつ自宅に持ち帰ったり、処分しているが、まだまだたくさん置いたままとなっている。
老夫婦2人で7DKは広すぎるであろう。
その日はたまたま義母の妹夫婦が2組来訪して、総勢12人という賑やかさとなった。
人寄せが好きな義母は本当に心から嬉しそうだった。
のん兵衛の家系なので、冷蔵庫にいっぱい詰まっていたビールはすぐに底をつき
近くの商店へ買い足しに走る。それでもまだワインだの焼酎などのビンがカラになっていった。
いったい、どのくらい飲んだのか・・・?
でもまあ、のん兵衛嫁としては目立たないし、飲めるのがありがたいが・・

P2010_0814_222440.jpg 

夜は友人と近所のスナックに行った。スナックのママも友達なので、全然気遣いもないし安心である。
地元はいいなあ~。知らない人かと思いきや、実は遠い親戚だったり、知り合いだったりする。

ちょうど土曜日とあって、カウンターも客でいっぱいだ。ママの気性が人気で皆集まってくる。
「あら、ひろちゃん帰って来たの?しばらくじゃない」
って歓迎されると来てよかったな~、また来ようって気になる。
見た目、色っぽいのにサバサバとして男っぽいのが魅力である。

たちまちに隣近所の席の人と仲良くなる。
残念なのは、ちょっと年齢層が高いことかな~。年下がいない・・・
でも、嬉しいことに「若くて可愛い」とか「美形のおねぃちゃん」なんてモテモテだったこと。ウシシ・・
隣のオヤジはちょっと漫画チックで「温水」さんとか「酒井」さん系である。
別にセクハラも嫌がらせもないけど、しゃべるたびにツバが飛び散る~(泣)
そっとおしぼりで腕や顔を拭うけど、また飛んでくる~。
とのとなりのオヤジは私たちのような「若い娘」と話せるのが嬉しくてたまらないってかんじで
やたらと話しかけてくる。でも、ヨッパすぎてヘロヘロと言っているので、何を言ってんだか分からん・・・
カラオケは演歌ばっか!そこで若いウチらは今時の歌を披露して差し上げた。
やんや、やんやの大拍手。「良かった、良かった。本当に終わってよかった~」と喜んでいる・・・クソッ・・・

ふと時計に目をやると・・は?何これ?もう1時なのぉぉぉぉぉ~
久々の午前様じゃん。4時から飲んでいたから9時間も飲み続けていたってこと?
肝臓さま、お疲れ様です。今夜はお休みくださいませ。







スポンサーサイト
2010.08.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/64-3ae37906