仕事が始まった。
これ、これ!
私がしたかった仕事は。
ジジババ様たちと話をしたり、処置に回ったり
注射したり点滴もする。
午前中は、処置車をガラガラ引きながら
訪問看護の予定者のお部屋を回る。

高齢者住宅(アパート)といっても
療養病棟に近いかなり重度の方もいる。
寝たきりで人工呼吸器を付け
胃ろうで栄養補給をし、痰吸引もする。
2時間おきの体位交換やら、呼吸器のチェックやら
頻繁に出入りすることも多い。
常に点滴が必要で、管理しているが
だんだん血管が細くなり、針が入らなくなってきた。
意識もだんだん朦朧としてきている。
もう100歳を超えたそうだから、良く頑張っていると思うな。
痛い思いをさせずに、このまま安楽にしたらだめなのかなって思っちゃう。

色んな施設を経験してきたが、ここはスタッフの雰囲気が良い。
管理者たちが穏やかで優しく接してくれるからだろうな。
ピリピリした空気がない。
誰かがミスしても、皆でフォローして
二度とおこさないように色んな対策を練っている。
ミスした本人が一番凹んでいるのが分かったいるからだろうな。
ドクターも「本人を責めないでね。きっと今は辛い思いだろうから。
原因を突き止めてちゃんと報告してくれればいいから」という。

私も昨日は危うく大変なミスを犯すとことであった。
血友病の方にする注射のセットをしていたところ
接続が甘かったのか、液が漏れてしまった。
1本7万円もするのだという。
そしたら、近くにいた看護師たちがワラワラ来てくれて
「粉末薬までは到達してないから、もう一度セットすれば何とかなるかも。」
「溶解液は普通の蒸留水だからそれで溶かせばOKじゃない?」
と言いながら、サクサクと準備してくれた。
結果オーライであったが、冷や汗がダラダラ・・・
もしも破棄することになったら、事故報告書を提出せねばならぬ。
そうしたら看護全体にまで迷惑がかかるのだ。
あ~~、本当にヒヤッとした(汗
次はないように気をつけよう。

自責の念を強く持って、迷惑かけないように
ジジババ様たちが気持ちよく暮らせるように
しっかり仕事をしていこう。
この気持ちの持ち方が大事なんだな。
一人ひとりがそういう気持ちでいるとうまくいくものだ。
他責ばかりで愚痴・文句・不平不満は全てが悪くなるからね。

スポンサーサイト
2016.03.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/648-c2fc639b