乙女の会の日は決まって雨が降る。
家を出た時は曇りだったのが
東京駅に着くとポツポツと降ってきた。
高速バスに乗り込み、いよいよ乙女の会の旅の始まりだ。
スカイツリーを眺めながら出発!スカイツリー


途中、トイレ休憩をする。
(高速バスでトイレ休憩なんて初めてでびっくりした)
外に出ようとすると、暴風雨。
傘はひっくり返るし、びしょぬれ。
ま、雨にも負けず、風にも負けず。
強い乙女たちのことである。

目的地に到着すると、素晴らしい眺めの
素敵なお部屋で感動する。
海がすぐ目の前にあるのよ!海辺

海なし県の私は大感激!
海辺2
とってもいい気持だわ。
でも・・・
こんな辛い過去の看板も・・
そうだよね。地震後遺症

忘れないように心に刻んでおかねば。

まずは会計報告や事業報告
役員について、その他検討事項など
総会を厳粛に行う。
次は頭の体操で、漢字の勉強。
クイズ形式で楽しみつつ、苦しみつつ(笑
今回、コラージュ川柳という遊びをした。
新聞やチラシの文字を切りぬいて台紙の上に貼りつけて
川柳にするというものらしい。
アーティストの柴田英昭さんが考案したのだとか。
内容はナンセンスでOK。
意味が分からなくても良いそうだ。
皆、黙々と小さな切り抜きを選ぶ。
あれやこれやと考えながら貼りつけていくのは
なかなかの労力と気力がいるが、楽しいものだ。

とここまでは、真面目な文学乙女の会である。
だんだんあたりが暗くなり、夜の食事が始まると
本番が始まる。演芸

衣装をつけて、メークして歌ったり踊ったりは
例年のことなので、あえて触れないとしよう。

涙がでるほど笑った出来事がある。
それは食事の最中のこと。食事

給仕係のKさんはまだ新人らしく初々しい。
おばさん昔の乙女たちの集団に圧倒されたのか
緊張の面持ちであった。
次の料理を運んできたときに事件はおこった。
彼女は私の鍋の蓋を食器にぶつけてしまい
「カ~~ン」と大きな音が出た。
知らぬふりでやり過ごせばいいものを
やんや、やんやといじる(爆
すっかり舞い上がってしまったようで
隣の酒豪Rさんのコップ酒をこぼしてしまった。
「ゆ、ゆるさん・・」と冗談で怒るRさん。
最後に食器をガッチャン!と倒した。
可哀そうに、ひきつった笑顔で退参していった。
次に来たら、この変装をしてイジろうと計画し
ひそかに期待して待つ。
ところが次に来たのは、男子であった。
きっと本物乙女のKさんは
厨房の隅でさめざめと泣いているのではなかろうか。

温泉に浸かり、酒を飲み、宴会ではじけ
声が嗄れて出なくなるほど、しゃべり笑った。

人生、色んなことがあるけれど
この仲間がいれば、辛いことは半分になり
楽しいことは倍増する気がする。
私の悩みも全て分かってくれて
一緒に怒ってくれて、助言してくれた。

皆、それぞれに色んなものを背負っているけど
会って、笑って、しゃべって軽くなっているんだなあ。
「またね。」
それだけで次の約束ができる。
また来年。次は私が幹事である。
更に楽しい会になるよう、頑張ろうっと。






スポンサーサイト
2016.04.19 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/665-29a0a647