父の入院

前回、肺炎でA病院に入院したのが昨年の11月だった。
あのときは二日目にせん妄が始まって
本当に大変だった。
本当は10日くらいの入院だと説明されていたが
たったの3日で退院してしまった。
それも半ば無理やりだった。
これ以上入院していると
本当の病人にされてしまいそうで・・

今回は転倒による圧迫骨折でB病院に
救急搬送された。
今度は本当にダメなのではないかと内心、覚悟をした。
しかし、見舞いに行って見ると、なんだか元気だ。
ひげもさっぱりと剃ってもらい、血色も良い。
バルーン(オシッコのクダ)が入っているものの
特に変わった様子はない。
看護の質で、こんなに違うものなのかと
改めて思う。
状態は良好で5月2日に退院が決まった。
本当にホッとしている。

明日は実家の引っ越し。
今まで夫婦二人暮らしだったが
もう限界ではないかと思われる。
そこで長男が家を買って同居をするという。
早急に決まったため、高齢の母が一人で
荷物の整理をしているが
遅々として進まない。
何をどうしたらいいか分からない・・・
疲れてしまって荷づくりができない・・・
グズグズと言っている。
そりゃそうだ。
長く住んだ家から引っ越すということは
本当に大変なことである。
そして、すご~~~い大荷物。
捨てればいいのに、捨てられない。
老親の家を片付けるというテーマが
新聞紙上をにぎわせていたが
本当にシビアな問題だと思う。
本人にとっては全部宝物。
でも私たちにとっては
ただのガラクタ。
この温度差がしがらみを生むんだな。
だから、今回は母がとっておきたいと
言ったものは全部荷づくりした。
色々と考えさせられる出来事だった。
・・って、まだ明日なんだっけ(笑



スポンサーサイト

コメント

ひろ
お疲れ様
忙しい中ありがとうね。
こんな時こそ両親の力になってあげないとね。

また明日(*‘∀‘)

それは大変ですね。
整形外科って、痛い人ばかりなんだけど元気な人が多いから
割と明るいと思いませんか?
アタクシは、消化器科と外科と整形外科に入院したのですが
雰囲気が一番いいの(笑
お大事にしてください。

今日は引っ越しのお手伝いなのですね。
荷物が減って身軽になるといいですね。
でもそうしないと、弟さん一家との生活の邪魔にもなりかねない(笑
がんばって仕分けしてください!

廃棄と再利用の分別は難しいですね。
去年かな物を捨てられない方の引越し手伝いしたとき、引越し荷物が飽和状態で2週間ほどは引越し先に住むことが出来なかった。

一時預かりなど利用して、気の済むようにしてやってくださいね。

キムさん
今日はお疲れさまでした。
本当に疲れ果てましたね・・・
明日からも母の手伝いを宜しくね。
大事に育ててもらった恩を
今返していきましょう!

はるさん
こちらとしては捨てたいものが
殆どなのに、母は捨てたくないのね。
弟は「全部ゴミだ!」と放り投げ
母は「ゴミじゃないよ~!」と反撃。
思い通りに暮らしてきたから
私たちの介入が面白くないんでしょね。
困ったです、本当に。

わたあめさん
教訓として、年をとったら荷物を減らし
必要最小限の暮らしをしたいと思いました。
でも、思い出の品や写真は捨てられない・・
そういう自分だって、荷物がいっぱい。
私が宝物だと思っていても、
他のひとにとってはほとんどが
ガラクタにすぎないのですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)