初心に戻る

入職して3カ月。
やっと試用期間が終了して本採用となった。
といっても建前であって最初から採用なんだけどね。

大きな組織の医療法人で、色んな施設を展開している。
私が最初に配属されたのは「訪問看護ステーション」
高齢者の居室を訪問して、看護業務を行う。
経験のないことや自信のないことって
些細なことでも緊張してしまう。
どうしていいかとうろたえてしまう。
そしてミスをして、ますます自己嫌悪。
「大丈夫。ゆっくりと覚えればいいからね」
と優しい先輩たちである。
見て盗んで覚えていけばよい。
だんだん慣れてきて上手くできるようになった。
これから先、老人看護・介護をするのに
役立つ技術である。

ところが先日、透析業務に異動した。
透析は16年くらいしていたので
何もかもお手のもの。
覚えることも少なくて楽ちんだ。
認定士の資格もあるから
透析の原理や構造、理論など
広く浅く、なんとなく知っている。

本来は、初歩から少しずつ
3カ月くらいかけて教育していくらしいが
私は2日目から業務に入った。
ブランクがあるから不安だったが
注射針を持ったとたん
記憶がよみがえってきた。
昔とった杵柄ってこういうことなんだな。
何をするにも自信を持ってできる。

すると急に色んな事が見え始めてきて
モチベーションもぐんぐん上がる。
仕事が楽しいと思えるようになった。
訪問看護と透析業務。
両方できる看護師は少ないので
なにかと重宝してくれるだろう。
できる限りで協力したい。
そうすればクビにならずすむかもしれん。

仕事でこんなにワクワクするのは
本当に久々である。
スポンサーサイト

コメント

ひろさんは凄い・・

若いころは、野口先生と黄熱病の研究をされていたとか・・・
その後、森 林太郎さんにドイツ語を教えたこともあったとか・・・

ひろさんは凄い・・

私は一体誰なんだろう?
野口さん、森さん・・・
教科書で見たことがあるような・・?

仕事をクビにならないように
必死なんです・・・
生活がかかっているから・・

えぇなぁ。
プロってのに憧れます。
気持ちがアゲアゲってのも本当に羨ましい(笑
アタクシは・・・美味しいビールを飲むために
パートに行っています(爆

はるさん
そういう気持ちになるまでが
けっこう大変じゃった(泣
慣れるまでの我慢がまんってね。
こう見えて意外とシャイですねん。
凹むことも多々あるしさ・・
この年で新しいことを
始めるのはかなりエネルギーがいるわ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)