認知症の人の頭の中って、どんな世界なんだろう。
何を感じ、何を見て、何を思っているんだろう。

Mババ様。
ふだんは大人しくて可愛らしいけど
一旦スイッチが入ると、何を言ってもダメである。
先日は、透析をしたくないと駄々こねして
誰が何を言っても一歩も引かない。
今日はできないかもしれないなあと誰もが思った。
そこへ偶然、家族が来訪。
手のひらを返したようにとは、このことを言うのだと思った。
大人しく、透析を受けるという。
寂しかったのかもしれないなあ。
その後は、いつものMさんに戻って
ニコニコして「ありがとね」って可愛く言う。

Tジジ様。
以前にもここに書いたことがあったと思うが
すごい暴言を吐く。
「何するんだ!よせよ!」
「やめろやめろ。こいつめ!」
注射が大嫌いなんだろうなあ。
針をみると大暴れ。
私なんて、人殺しって言われたもん。
でも、あれだけの「ああ言えばこう言う」って
すごいなあって思う。
「いて~よ」
「痛いよね、少し我慢して」
「何が我慢だ。分かりもしねえで」

Aナースはひたすら沈黙だそうな。
何を言われても、聞こえないふりをする。
「・・おい・・なんだ、聞こえないのか・・」
と暴言を吐くのを諦めるそうだ。

Bナースは延々と言い返すらしい。
「なんだよ、おまえは」
「なんだよじゃないでしょ。」
「うるせえよ。だまれ」
「そちらこそ、少し黙ってください」
「なんだと!生意気な」
「なまじゃないです。煮ましたから」
そのうちに疲れて諦めるそうだ。

でもね、口じゃなんだかんだと言って
本当は寂しがり。
イキがって、強がってるだけ。
皆からかまってほしいだけ。

ババ様が往診に来たドクターに恋するのは
日常茶飯事である。
さっきまでブータレていたくせに
先生がきたとたん満面の笑み。
「せんせ~❤待っていたんですよ❤」
と一オクターブ高い声で目をキラキラさせる。
恋する乙女そのものである。
「胸の音聞かせてね」
と聴診器を胸に当てると、恥ずかしがっちゃってさ。
あのね、せんせ~はお仕事で聞いてるのよ。
耳まで真っ赤になっちゃって。
ある意味、羨ましい。

私もババ様になったら、夢の世界にいるふりして
せんせ~やら、若い理学療法士くんや介護くんに
恋して楽しもうかしら(爆


スポンサーサイト
2016.07.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/696-b26fb1b0