東京へ

久々に某趣味の会へ行く。
東京も久々だ!1東京
東京駅


新聞社の編集委員のUさんの講義を聞いた。
タイトルは「文芸こぼれ話」
某新聞社で文化部記者として文芸を担当されていうという。
紙面でもおなじみである記者である。
芥川賞、直木賞をはじめ、ピース又吉さんや乙武さんの
話題まで幅広く、なかなか面白かった。
まあ、途中ちょっと夢の中に入ってしまったが・・・

この頃は月に5~6冊のペースで本を読んでいるが
ミーハーで読みやすいものばっかりだから
読書という高尚な部類ではないのだが(恥

例会が終わると、気の合う仲間とグループになって
散り散りにカフェなどに入っておしゃべりが始まる。

今日は、久々に年の近い友人らと再会した。
特にTちゃんは、ウマが良く合う。
ここ数年、家の事情などで疎遠になっていたが
手紙などで細々とつないでいた。
何年ぶりに会ったのかなあ。
まるで恋人に会ったかのように
嬉しくて、嬉しくて❤
また会おうねって約束して別れた。
本当に楽しかった。
スポンサーサイト

コメント

高尚なオベンキョ会ご苦労様。
Mのメンバーも参加してたかい?
私も、参加してみたいと思いつつ、なかなか腰が上がらない。
外例会も面白そうだよね。
参加の折には、お茶会に混ぜてねー。

みなさん、高尚な趣味をお持ちですね。
まず、アタクシは文字を目で追っかけると
瞼が落ちてくるという特技があるのです。
ちょっと無理だね(爆

のりちゃん
今回は某R子さんも鬼変もいなかったけど
そうそう、W田さんがいらっしゃった♪
おいで、おいで~。
お仲間を紹介しまっせ!
初対面でもKの会の仲間というだけで
大歓迎のフレンドリーだから。・・次は9月だな。
10月は外例会だから、日にちが合えば
ご一緒しましょ♪

はるさん
プロの作家さんや脚本家さんもいるんだよ!
アマでも自費出版したり、なかなかすごいの。
私なんて本当に若造のヒヨっこです(笑
オネ~サマが多いから、若いと言われる(爆
それもちょっと快感かも・・・
だって、職場もフラの教室も若い人ばかり
なんだもん。いつも高齢者扱い(泣。

今日は、久々に年の近い友人らと再会した。
話は勿論往診に来たドクターとのラブストリー・・・・オクターブ高い声で目をキラキラさせて話しまくってしまった・・・by H子

わたあめさん
あ~たもなかなかの文学ジジですこと!
でも明らかな違いがありますわよ。
あの日、私たちは文芸について語り合ったの。
直木賞やら芥川賞についてや、作家さんやら
オペラを見に行ったとか、レベルが高いの。
決して、わけ~男にキャイキャイ言ったり
講師の方をあれやこれやと詮索して喜んだり
そんなことは致しませんから・・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)