朝からザンザン降りである。
時折、ビュウ~っと風が吹いてくる。
雲がぐんぐん流れていき
台風が近いのを暗示している。

職場に着くと、だんだん風雨が増してきた。
昼ごろになると、まさにバケツをひっくり返したよう。
先日も前の道が川になったが、今日も大河のようだ・・・
大型トラックが波を縫うように進んでいく。
途中で、ハザードをつけて立ち往生した乗用車。

ふと廊下の隅を見ると、水が浸水してる!!!
わ~、大変だ~。
絨毯にじわじわと浸みをつくっている。
あっという間に廊下一面を覆ってしまった。
皆でタオルをたくさん使って絞りだし
外では水を吸い取る作業が始まった。
皆がいるから怖くないものの
床上浸水の恐怖にさらされた被害者たちは
もっともっと怖かったことかと思う。

夕方になり、小康状態になった。
このまま、去ってくれるといいのだけど。
就業時間になると、一斉に帰り支度。
一時は、浸水するかもしれないから
高台の駐車場へ移動せよと指示が出たが
業務が詰まっていて、移動できないでいた。
でも、なんとか無事のようだ。
葉っぱやら小枝やら、どんぐりの実がfitに一杯に着いている。
どんだけすごい雨風だったかが一目瞭然だ。

道はすでに水が引いているが、色んな残骸が散らかっている。
帰り路は空いていたが、あちこちが通行止めになっている。
パトカーがたくさんいた。
河川が氾濫しているらしい。

なんとか無事に家に着いた。
どうか、大きな被害が出てないことを祈るばかりだ。
スポンサーサイト
2016.08.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/719-cb423cc8