Entries

誕生日

今日は母の誕生日だ。
花とケーキを持って訪問した。
「あらあら、何にもいいのに」
と言いながらも嬉しそうな顔をする。

80数年前の日本はどんなだったのだろうか。
現代とはまったく違う世界だったに違いない。
戦争を経験し、色んな怖い思いをしたのだろう。
多くを語らないのは、思い出したくないからなのか
本当に忘れてしまったからなのかは分からない。

母が結婚したのは24歳の時だった。
あの頃は早いほうではなかったらしい。
父は7歳上なので、熟年カップルということか(笑
お見合いだったというが、私の記憶ではふたりはいつもラブラブだった。
しかも母のほうが父にゾッコンだったと思う。
鉄道マンの父と専業主婦の母。
中流家庭だったが、家を建て、子供を3人もうけて
平凡だけど、幸せな暮らしだった。

子供たちが結婚して自立すると
夫婦二人の静かで穏やかな生活を楽しんだ。
あちこち旅行に行ったり、趣味を楽しんだり。

そして今、要介護の父を家で介護している。
かいがいしく献身的な様子に感心してしまう。
「お父さんは家族を大事にして、子供たちをよく面倒みてくれたから
恩返しのつもりで介護をしている」
というのを聞いて、本当にいい夫婦なんだなあと思う。

母にとっては幸せな人生に違いない。
孫娘とひ孫息子の姿を目を細めて見ている顔は
今は亡き、祖母にそっくりだと思った。

私もやがて、母にそっくりになるのだろう。
歴史は繰り返すのだなあ。

最期の時、幸せだったと言えるような
人生をこれからも歩んでいきたいな。
母のように。
スポンサーサイト

Comment

No title 

ひろさん 薄命でなかったの? v-16

No title 

おめでとうございます。
誠に素晴らしい母上、父上の幸せはいかばかりか・・・・

母上の爪の垢を至急送ってくださいm(_ _)m
  • posted by 蘭子の夫 
  • URL 
  • 2016.09/17 12:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

お母さま、誕生日おめでとうございます~!
介護が必要とはいえ、両親揃って元気なことは何にも代えがたいことですね。

ちょくちょく、ご両親のガス抜きに出向きましょう(笑
うちの両親は戦争中の生まれだけど、小さかったのであまり戦争の記憶がない人たちですが、
ひろさんのご両親はきっと記憶があるのでしょうから、今のうちに聞いてみたほうがいいと思います。
つらい経験でしょうけど、あの場所に軍需工場があったとか、あそこに爆弾が落ちたとか、
聴くだけでも価値があるような気がするのです。
  • posted by はる 
  • URL 
  • 2016.09/18 06:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

No title 

わたあめさん
おかしい・・・確かに薄命のはずなんだが・・

No title 

蘭子の夫様
先ほど、速達便で送りました♪
しかし、あの蘭子さんが煎じて飲むとは思えないのですが・・・
無駄になってしまったらごめんなさいませ。
あのようなガサツな嫁をもらったご自分の運命と諦めてください。

No title 

はるさん
ありがとね~~。
なるべく時間を作って出向くよう努力しますわv-91

戦争の話は、だんだん風化していくように思います。
そうならないように、よ~く話を聞いてドキュメントとして出版しますので
親戚縁者、友人知人、顔見知り、行きずりの人・・・
一人1冊以上を購入して頂くよう、お願い申し上げます。

No title 

おめでとうございます。
老後まで尽くして添い遂げられるのは幸せなことです。
顔見せしてあげることが何よりの親孝行

お父様は、兵役ぎりぎり前に終戦を迎えられたのかもしれませんね。
それにしてもあの時代は何かと苦役を強いられた時代だったと思います。
私は子供時代、戦後の窮乏時代でしたが、みんな同じでしたから苦ではなかったです。

  • posted by ottch 
  • URL 
  • 2016.09/18 20:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ひろ627

Author:ひろ627
FC2ブログへようこそ!

Calendar 1.0

<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

Designed by 石津 花

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム