霜月に入った。
昔は、文字通り霜が降って寒い季節だった。
朝起きると、あたり一面が真っ白。
雪!?と思うくらいに。
は~っ、と息をすると白い。
ああ、冬がやってきたんだなあと感じた。

今日は実家に行って来た。
退院してから、父はそれなりに元気を取り戻した。
顔色もいいし肌もツヤツヤしている。
ご飯もモリモリ食べているらしい。
デイサービスでは完食しているそうだ。

血圧もちょうどいいし、脈も正常。
熱もないし、肺の音も良い。
浮腫みもないし、お腹の音(グル音)もよく聞こえる。

爪が伸びていたのでカットする。
あ。いけない、肉まで切っちゃった(。>ω<。)ノ
ごめん、ごめん。

ひとしきり戯れる。
もう言葉は出ないけど、娘だと分かってるのかな?
「じゃあ、帰るね」というと、目を開けて「は~い」という。

帰り路、レモン色に暮れていく空を見ながら
さっき別れてきた父を想う。


スポンサーサイト
2016.11.01 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/743-9b74b471