その時

のっけから縁起でもない話ですまん。
職業柄、人が亡くなっていくのを見てきている。
昨日もあるジジ様(93歳)が黄泉の国に旅立った。

数日前から、食事が摂れなくなり
点滴をして栄養を注入していた。
血中酸素濃度が下がって、呼吸苦を訴えるようになった。
HOT(在宅酸素)を導入し、痰を吸引する。

この場面で、昏睡に陥るなど意識がないほうが楽かもしれない。
ジジ様は最後までクリアでどんなに恐ろしかったことかと思う。

部屋の中に看護師が二人いてバイタルサインをとっているのに
手元のナースコールを頻回にならしている。
「苦しい~、助けて~」
何かにすがるように手をかざし、掴もうとしている。

体中が浮腫んできて、点滴がもれる。
そのたびに刺しかえるが、すぐにもれてくる。
手足が冷たくなって、指先がだんだん紫色に変化していく。

そろそろお迎えが近いのだな。
老衰が一番楽な逝き方だと聞くが
ジジ様は大変苦しい思いをしているから
一概にそうとは言えないのかもしれない。

私の父は、一瞬のうちに一人で逝ってしまったのだから
ある意味、苦しまずにすんだのかもしれない。

だんだん努力呼吸になってきて
バイタルが取れなくなり、
呼吸の間が空いてくる。
心電図の波がフラフラしてきて
次第に1本線に・・・

その瞬間ってどんなのだろう。
死者は蘇らないのだから
誰も語ることはできない。

いつかは誰にでも訪れるその時。
今はまだ考えられないけれど
でもちゃんと考えておかないとなあ。

少しずつ身辺整理をして
少しずつ荷物を減らして
立つ鳥にならないと。
あとを濁さないよう、キレイにしなくちゃ。



スポンサーサイト

コメント

NoTitle

呼吸の間が空いてくる・・・姉のときがそうでしたよ。
すっごく長く感じ、見ているほうも息をしていいのか?と思えるほどでした。
そうか、ポックリが一番か・・・・v-10

NoTitle

え?わたあめさんのお姉さまが・・?
だって、わたあめさんはまだお若いのに・・??
お姉さまとはお年が離れていたのでしょうか?

そうそう。誰にも知られないようなポックリが最良らしいです。
惜しまれて泣かれる方が幸せなのかも・・

NoTitle

>誰にも知られないようなポックリが最良<
ジイ様が、私たちが寝ているうちに、スーっと逝ってくれたので、最期のアタフタがありませんでした。
バア様は、危篤からの復活が何度もあったので、何度もアタフタしました。

密かに葬儀準備をするのも申し訳ないけど、「いよいよ」という時は、密かに準備しないと、後が大変よねー。
私たちは「美人薄命」だから早めに準備が必要かな。

NoTitle

のりさま
レスが遅れましてすまんですv-388
ホント、薄命って罪ね・・・(泣
美人に産んだ親を恨みたくなってしまうわ(爆
きっと、親族・友人・知人たちがこぞって泣くことでしょう・・・
しかし万が一、長生きしてしまったら「やれやれ」と言われるかもしれない・・・
私は周りから「長生きしそうだ」とよく褒められるので。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)