チリの落盤事故の救出は本当に心に響いた。

もし、あの事故が日本であったとしたら、あんなに明るく元気で生還しただろうか?

悲壮感が漂い、暗いニュースになったかもしれない。

70日も地下700Mに閉じ込められていたとは思えないほど、皆元気だ。

特に生還第2号のマリオさんは、地下の岩のかけらをお土産だと配っている様子は

旅行帰りかと思えるような明るさである。

彼のような人がいたから、皆が救われたのかもしれないね。

生還第1号のレンシオさんが7歳の息子ちゃんと抱き合う姿はだれもが涙しただろう。

どんなにか待ちわびたことかと・・・・

21号は、愛人騒動である。

妻と愛人がかち合ってしまったなんて・・・

しかも、会いに来たのは愛人。

こりゃあ、この男は妻に捨てられるであろう。

莫大な慰謝料をふんだくられて・・

27号は、地下にいる間に2世誕生したという。

皆、それぞれドラマが展開されているなあ。

すでに映画化が決まって、撮影が始まったいると言うし。

本を出版すると言う人もいて、チリの歴史が大きく変わりそうだ。

チリというと南米の細なが~~~い国くらいしか知識はないけれど

これからは知名度もあがって、経済的にも豊かになるんじゃない?





スポンサーサイト
2010.10.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mekuphiro627.blog20.fc2.com/tb.php/99-a0555f8a