熱発

マ~ゴが高い熱を出したのが金曜日。
だいじょうぶかと心配していたが、翌日には解熱した。
ところが、私が熱発した。
平熱が35度代なので、39℃もあると、かなりキツイ。
しかも全然下がらない。
もう3日目だ。
今も37.8℃あって、頭痛いし、くらくらする。
休日は、ずっとアイスノンとベッドと仲良ししていた。
ずいぶんと眠ったなあ~。
夜は12時間くらい。昼も断続で3~6時間。
体は楽になったのだろうが、熱が下がらない・・・
少し慣れてきてPCを操作できるようになったものの
スマホもいじりたくないし、テレビも見たくない。
ひたすら臥床していたい・・・

困ったなあ・・・

写真から・・

一人ランチある日の一人ランチ♪なんてヘルシーなんざんしょ(*´ω`)┛ 


レアモノ

職場でランチ後のお菓子パーティーをしていたときのこと。
カールの袋から、カエルの形のカールが出てきた!
これはかなりのレアモノだとのこと。何百袋に一つあるとかないとか・・・
皆、食べることができずに、そのまま又袋に戻しちゃった(爆


100蔓円

以前、某ネット友さんが、¥500貯金の記事をブログに書かれていた。
実は、私もこれで貯めているのだ~。
約1年間で3~4万円くらいになる。
夫と山分け(小分け?)して旅行などの小遣いにしている。
今、けっこう満タンになってきたので、秋になったら、小旅行に行こうかな。

お盆休みが始まった先日のこと
義弟が急死した。
まだ53歳という若さだった。

山登りが趣味で、当日も家族と一緒に山を楽しんでいたそうだ。
いつもと変わりなく、歩いていたのだが
急にめまいがするといって、倒れ込みそのまま意識消失。
救急車で搬送したものの、半日もしないうちに旅立った。

あまりにも急すぎて、周りは皆混乱した。
私にとっても義弟と言えども、一時期同居をしていたこともあり
実家にもよく来ていたので、とても身近な人だった。

仕事熱心で、ときには家族より仕事を優先するほどの真面目な人だった。
ずっと同じ職場で愚痴も言わずに、黙々と仕事に打ち込んでいたとか。
社長からの信頼は厚く、殆どの業務を任されていたと聞いた。

ビールが大好きで、実に美味しそうに飲んでいた。
美味しいものには目がなく、調理の仕方や食べ方など
プロ並みの知識と技術をもっていた。
彼がすすめるものは間違いなく美味しかったものだ。

車が趣味で、愛車には色々手をかけていた。
ボディは常にピカピカに磨かれ、大切に乗っていた。
7年ほど前に、私がfitを選んだ時に
彼も偶然fitを購入した。
「これが一番良い車だよ。お姉さん、目の付けどころがいいよ」
と褒められて、ものすごく嬉しかった。

子供が自立し、夫婦だけとなって
一緒に山登りを楽しんだり、これからが人生の始まりだったのに。
どれほど無念だったかと思うと、心が痛む。

自分の置かれた状況を一番びっくりしているのは義弟であろうな。
「え?俺死んだの?なんで?」と思っているかもしれない。

病名は「脳幹出血」
文字通り、脳の一番奥の中心から出血した。
ほかの部位なら手術したり、出血を止めることはできるが
今の医学では、ここはどうにもできない。
実際、目の前で亡くなっていく患者を見てきた。

なんとも運が悪いとしか言えない。

ただ、冥福を祈ることしかできない。




シェイプアップ

年をとるとともに、体型も変化してきた。
それはそれで仕方ないにしても
なんとか食い止めたい乙女心。

仕事はどちらかというと、肉体労働である。
立っているときも、腹筋を意識して背筋を伸ばすよう心がける。
ふと気がゆるむと、猫背になってしまう。

歩く時はなるべく速足で、上体を揺らさないように気をつける。
膝が悪いので、ついつい少し足をひきずってしまうらしい。
鏡を見ながら歩くと、確かに右足が上がってないかんじだ。
時々何もないところでつまづいてしまう。

21歳のときにスキーで転倒し負傷。
右ひざの半月板損傷で手術をした。
リハビリをして、通常に近いところまで回復したものの
年齢とともに、変形している。
今では90度くらいしか膝が曲がらん。
長く歩けないし、痛みも出る。

色んな整形外科にかかり、治療も受けたし装具も作ったりした。
でも、結局は対処療法でしかない。
体重を増やさないように、痛みとうまく付き合うのが一番である。

なので、体重増加をしないようにと気をつけているのだが
食欲が旺盛で、どうしても増えてしまうんだな(泣
1㌔増えると痛みも増える。

このごろやっていること。
テレビを見ながらバランスボールに乗る。
両足をあげて、ボールから落ちないようにバランスをとる。
それだけで深筋が鍛えられるそうだ。
こころなしか、すこし腹筋ができてきたみたいに見える。
次にストレッチ。
開脚して前に体を倒していく。
以前は胸までピタリと床についたのに、ちょっと硬くなった。
腕を伸ばしたり、上体をねじったり、ゆっくりゆっくりストレッチ。

無理はせず、イタキモの手前まで。
できることをするだけ。
しないよりはいいだろう。

しかし、焼け石に水かな?

保育園♪

初日の昨日は、お昼寝布団やらタオルやら着替え等々の大荷物。
バ~バラはお抱え運転手として、付き添ってきた。

門から入ると、マ~ゴより小さい子たちがすでに
泥だらけ、びしょぬれで遊んでいる。
ペットボトルに水を入れ、泥を混ぜて遊び
それをゴックンしてるよ~~(=゚ω゚)ノ

ヨチヨチ歩きの子も、裸足で砂場遊び。
全身泥だらけだ~。

え~とこの坊ちゃんであるマ~ゴは
こわごわと眺めていた。
泥だらけになったこともなければ
びしょぬれの経験もないもん。
裸足でおっかなびっくりと園内を歩く。

大丈夫か?

娘と二人でコソコソと帰ってきた。

しばらくは馴らし保育のため
オヤツを食べたらお帰りなんだって。
今日はサツマイモを食べたらしい。

ハラハラしながら帰宅を待つ。
「ただいま~」と声がする。

「ほいくえん、いってきた。
ぷーるもはいったよ。」

いつもの表情にホッとする。

お腹が空いたのか
ご飯をパクパク食べる。
いつもは遊びながら、やっと口に入れる程度なのに
これはとてもいい傾向だね。

私の子供たちは幼稚園だったけど
慣れるまで親子ともども大変だった。

娘は最初はすんなりだったものの
慣れてきた頃に、登園拒否になり、ずいぶん泣いた。

息子は逆に私から離れるのを嫌がって、ずいぶん泣いた。
3日目くらいになると、
「明日はカレーパンマンのお話だって」と言う。
それからは卒園まで皆勤であった。

マ~ゴはどんなタイプかな。
でも友達を欲しそうにしていたから
楽しくなってくれるといいな。